病院の薬剤師求人:僻地勤務について

病院の薬剤師求人:僻地勤務について

多くの求人情報は、首都圏に近ければ近いほど多く存在するものです。そして、条件に関しましても、好条件の求人情報も多く、競争率も高くなります。しかし、医療関係の職業に関しては、逆の現象が生じることがあります。地方の医療従事者不足の問題があるからです。
薬剤師の就職活動の現状

ですから、地方の求人情報をみると、首都圏よりも好条件で募集をかけているケースも少なくありません。待遇面の魅力から、地方の病院で働く薬剤師の方もいらっしゃいます。そして、地方でも「僻地」にあたる病院になると、破格の好条件で薬剤師を募集していることもあります。

僻地にある病院は、その地域に居住している人たちにしか知られていないことも多く、求人情報がスルーされることもありましたが、いまでは薬剤師専門の求人サイトや転職サイトが求人情報を載せていますので、目にする機会も多くなりました。

僻地の病院薬剤師になると、若年の薬剤師であってもベテランの薬剤師程度の年収を得ることも夢ではありません。そうしないと薬剤師を獲得できない実状があるために、首都圏では考えられないほどの高待遇の求人情報も見受けられます。

前述しましたが、僻地の病院薬剤師の求人情報は、薬剤師専門の求人サイトや転職サイトが扱っていることが多いので、一般では目にすることができないかもしれません。ですから、このようなサイトを利用して探した方が効率的でしょう。

サイトによっては、オススメ求人というコーナーを設けて、僻地の病院薬剤師募集の特集を組んでいることもあります。色んな僻地の病院に関する情報が載せられていますので、待遇面などの条件等々を見比べることもできます。

また、首都圏にありながら、意外に知られていない病院などもあります。そのような病院の場合、かなりの高待遇で募集をしているケースもあるようです。

特に募集をかけてもなかなか集まらない際には、魅力的な条件にして再募集をかけていることもあります。見逃さないように、僻地の求人情報と併せてマメにチェックしておいた方がいいでしょう。

病院薬剤師:夜勤なしの選択

病院に勤務するということは、夜勤の仕事があるという認識を持つべきでしょう。病院薬剤師になると、夜勤の仕事が発生する可能性はゼロではないということです。

夜勤の仕事は慣れるまでハードに感じるものです。例え夜勤に慣れてきたとしても、不規則な生活であることには変わりありません。当然体調を壊すことも考えられます。看護師にしても薬剤師にしても、夜勤の仕事はできれば避けたいと思う方が多いのも頷けます。

しかし、夜勤の場合は、来院患者さんの対応に追われることがないので、日中よりも仕事内容は緩和されるというメリットはあります。そして、給与面では手当てがプラスされ収入アップに繋がるので、あえて夜勤を希望するという方もいらっしゃいます。

他にも、夜間しか働けないという方にとっても、夜勤という勤務体系は好都合のようです。何を優先するかによって夜勤の良し悪しも人それぞれで変わってきますが、夜勤のない病院薬剤師を希望するのであれば、確実に夜勤が発生しない病院を選択する必要があります。

求人情報を確認してみるとわかると思いますが、「夜勤なし」という表記がされていたり「月に数日」という意味合いの表現をしている場合があります。この場合、「夜勤なし」と明確に表記してある求人情報を選択すべきでしょう。

また、夜勤のみならず確認すべきポイントがあります。それは、残業の有無です。残業が多い職場環境である場合、夜遅くまで残業することになり、結果的に夜勤に近い時間まで仕事をすることもあるかもしれません。ですから、残業がどのくらいあるのかを事前に把握するのはとても大切なことです。

薬剤師と夜勤はあまり関係ないようなイメージが一般的にありますが、病院薬剤師に限っては夜勤の可能性は含まれます。体が慣れるまでは大変に感じるでしょうが、夜勤の薬剤師だからこそ経験できることもあります。スキルアップを目指す方には、夜勤の薬剤師経験は貴重なものとなるでしょう。

薬剤師とうつ病について

現在活躍中の薬剤師さんの8割が、仕事に対してや職場のスタッフたちとの関係内でストレスを感じていると言います。また、その8割中3割の薬剤師さんが、大きなストレスに晒されている、と思っているそうです。

薬剤師さんの感じるストレスと言っても、業務によってその内容は変わっていきます。例えば調剤薬局で勤務する薬剤師さんは、決まったスタッフや上司などと狭い室内で長い間過ごすことにストレスを感じるそうです。

病棟薬剤師さんの場合は、重篤な患者さんとの対応で気持ちがすり減っている可能性がありますし、クリニック勤めの薬剤師さんは、院長先生と看護師さんの関係が悪化することによって気を遣う事になるでしょう。薬剤メーカーで勤務する薬剤師さんは、営業職の場合はノルマが心の負担になりますし、開発者さんであれば大きな期待がプレッシャーに変わってしまう可能性もあります。

薬剤師というのは人の健康や命に関わる仕事ですので、責任の重大さから大きなストレスを受ける職種です。ストレスというのは継続していくうちにうつへと変化することもあります。では、うつにかからないために薬剤師さんが出来る対策とはどんなことがあるでしょうか。

まずは自分の生活を見直してみるのも大事です。例えば約束を破りがちになったり、身だしなみに気をつけなくなったり、このような普段の生活からもストレス度がわかります。もしもこのような兆候が現れたら、上手にストレスの発散をしてみてください。リラックスする時間を作ったり、好きなことをするのも有効な手段です。

次に、根本的な「仕事から来るストレス」の原因を意識して軽くしていきましょう。仕事をする時と休む時の区切りをしっかり付け、休む時はきちんと休憩を取ります。全てひとりで抱え込まないことも重要です。自分以外でも出来るようなことは、周りの人に割り振ることや、頼まれたことを全て引き受けず、上手に断ることも考えてください。職場で相談をしてどうにか出来ることであれば、具体策を出して調整してみるのもいいでしょう。

そしてもし、ご自分が「うつ病かもしれない」と感じた時は、出来るだけ早くお医者さんに見てもらうことが重要です。ひとりで考えたり迷ったりすることはもちろん成長へのステップになることも多いですが、仕事面や普段の生活に悪影響が出てしまうほどになってしまうと、うつからの回復にも大きな時間が必要となってしまいます。

またご自身ではなく、同僚の方で上記のように悩みを抱えている薬剤師さんがいる場合は、指導するのではなく、その相手の苦しい気持ちをきいてあげるなどして、優しく見守るようにしましょう。リフレッシュを強く勧めることは良いことだけとは限りません。反対に相手を追いつめてしまうこともありますので、話に耳を方向けてあげることに集中してください。

うつというのはとても繊細な病気です。治ったように見えても治ってないこともありますし、慢性的になってしまったり、悪化することもあります。ですがうつは治る病気です。今は辛い時期かもしれませんが、万が一休職や退職をする事になっても、きっと仕事に復帰できるということを覚えておいてください。

↑ PAGE TOP