この人気の薬剤師!活躍の場は3つ!

この人気の薬剤師!活躍の場は3つ!

薬剤師の活躍の場、薬剤師になるには薬学系の大学で専門知識を6年間学び、卒業して国家試験に合格しなければなりません。合格したら晴れて薬剤師になれるのです。

この薬剤師も今ニーズも高まり、人気の専門資格になります。この薬剤師の就職活躍の場は大きく3つになり、1つは病院の調剤薬局になり、この医療現場に常勤で働き医師の処方箋に従い薬の調合調整を行います。

薬には副作用が伴うので、薬の飲み合わせやアレルギー体質の有無など、悪条件がないか等しっかり確認して薬を調合するのです。

この薬剤師の仕事は、患者さんが薬を安全に正しく服用できるように、医療と患者の架け橋となる重要な役割りになる仕事です。

ドラックストアーで勤務も、近年ではドラックストアーには薬から化粧品、日用雑貨や食品飲料も販売されるようになりました。その中でもドラックストアーの薬の販売は一般の市販薬が主な販売になります。

いま薬事法では、(第一類医薬品、第二類、第三類)の3つがありますが、中でも(第一類医薬品)は薬学系の大学で知識を学び(国家資格)を取得した(薬剤師でなければ取り扱い)できないのです。

こちらの第一医薬品では抗アレルギーの薬、胃薬ら炎症剤のロキソニン、フェミニーナカンジタ錠、いまコマーシャルで認知度も高い育毛剤のリアップ5等、他にもあります。 これらを販売するには、薬剤師のサポートが必要になります。

この他にも製薬会社へ勤務、民間の大学研究機関や製薬会社があります。(研究機関)では、新薬やガン難病の薬の開発をする為に日夜、薬学を学んで勉強した人が新薬の研究開発に携わり、日本だけではなく海外でも活躍してる方も多いのです。

医薬情報担当者~薬学知識を生かして病院に薬の説明を専門に行うMRという職もあります。 公務員にもなれる薬剤師、薬学の知識を無限大に生かし保健所で働く事もできるのです。

さらに厚生省、麻薬取締官になり薬物犯罪の捜査につくということも出来るのです。 今人気の薬剤師、このような事から選択肢も活躍の場も広く、やりがいある資格です。

↑ PAGE TOP