薬剤師の子育て事情

薬剤師の子育て事情

薬剤師の男女比率を見てみると、約7割が女性と言われています。 そのため、女性が働きやすい職場環境を整えているところも多いのですが、女性薬剤師は育児や出産に関することも考えておきましょう。

薬剤師の資格を取得するのは簡単なことではないため、出産をした後も職場復帰をして資格を活かしたいですよね。 子育てが落ち着いてから職場復帰をしようと考えている方も多いでしょう。

共働きの夫婦も増えているため、家計を支えるためにどうしても職場復帰しなければならないという方もいるはずです。

出産をするために長期に休みを取りたいということであれば、出産の6週間前から出産後8週間の間は産休を取ることが可能となっています。 これは福利厚生の法律によって決められているため、誰でも取ることができるものです。

注意しなければならないのが、職場によっては育児休暇が認められない場合もあるということです。

育児休暇を取るためには、その職場で1年以上働いており、さらに育児休暇が終わったあとに1年以上働く見込みのある人という条件があるため、この点は注意しておきましょう。

また、このような休みを取ることに対し、明らかに嫌な態度を取る職場もあるようです。 そのような職場だった場合、いくら法律で認められているとしても休みを申し出るのが難しいケースもあるかもしれません。

現在働いているという方は、今の職場が出産や育児に対してどのような対応をしているのかを確認してみた方が良いですね。

育児に一段落つけば職場復帰をすることもできるでしょう。 その際に、正社員として復帰するのは難しかったとしてもパート薬剤師や派遣薬剤師として働く方法もあります。

特に子どもが小さいうちはフルタイムで働くのが難しいかもしれません。 そういった場合も正社員に比べて比較的勤務時間が自由になるパート薬剤師から検討してみると良いですね。

ブランクが長くなってしまったという場合には、勘を取り戻すために単発の仕事を探すというのもおすすめです。

↑ PAGE TOP